寒さも一段と厳しくなり、温度は低く風邪の流行する季節になりました。
本日は前立腺肥大症などに代表される排尿障害と風邪薬について考えてみたいと思います。

風邪にも色々な症状はありますが鼻みずや鼻づまり、喉の痛みなどはその代表的なものです。

これらの症状を改善させるのに副交感神経遮断剤として、「ヨウ化イソプロパミド」や「メチレンジサリチル酸プロメタジン」などが総合感冒剤の中
に配合されています。

これらの薬物は副交感神経の働きを低下させますので、鼻や喉では
有効に作用して症状を和らげるのですが、一方で腸の動きを悪くして
便秘を誘発したり、膀胱排尿筋の収縮力を低下させて排尿困難を強く
したり、時には尿が全く出ない「尿閉」の状態にさせることがあります。

排尿支配神経が正常で前立腺肥大症などの下部尿路通過障害のない人ではどの風邪薬を内服しても全く問題はないのですが、もともと前立腺肥大症などがあり、排尿障害を少しでも有しているケースでは、総合感冒薬の内服で排尿困難の増悪、尿閉、便秘などが出ることがあり
ます。

風邪で医療機関にかかる場合は主治医に、薬局で薬を求める場合は薬剤師に自分の症状(前立腺肥大症による排尿困難にて治療中、便秘が強く下剤を内服している、緑内障にて眼科にて治療中、‥)を告げて、
適切な薬剤を選択してもらうことが大切です。